アーレーキャット | Osaka No,1 2/2

アーレーキャットレース@中ノ島

"OSAKA No,1"


先日のアーレーキャットレース、"OSAKA No.1"の様子


21:00

この日は少し肌寒かった。

開始時間までのあいだは、それぞれ軽い慣らし走行をしたり談笑しながら時間はすすむ。

21:30

オーガナイザーが今日のオーダーを発表する。

周るエリアは大阪市内24区の主要幹線道路や国道に面した大交差点。

制限時間45分以内にチェックポイントを回り、より多くのポイントを回収する。


"オリエンテーリング"を思い出させるこのルール。

集中してルール説明を聞いている初参加のひとにもわかりやすく、一様に表情が和らいでいた。

ほどなくスタートの合図。思い思いに、ベストと考えるルートの方角へ出走するメンバー

22:30

徐々にゴール地点に戻ってくる参加者たち。

先着でゴールしてポイントを稼ぐもの、ぎりぎりまで粘ってポイントを回るもの、若干制限時間を超えながらも大量のポイントを獲得するもの。

それぞれの考え方、走り方でゴールし、ポイントを集計する。



23:00

二位に大差をつけて、遠路東京から参加してきたメッセンジャーが一位を獲得。

圧巻の結果を見せつけていた。


順位発表のあとは、開始前より自然と一人一人が打ち解ける。

順位や速さだけを競うのではなく、一人一人が楽しんで走り、新しいつながりが生まれていく。

「そっちではどんなカスタムが流行ってんの?」

「そのセッティングどーやってんの?」

「このあいだ、すげー走りをしてるやつがいた!」

ストリートでのつながりが生まれていく瞬間。



今回は僕自身もアーレーに参加して、一緒に走らせてもらいました。


年齢も出身地も違う参加者が"ピスト"を通じて話し合えること。

また、今回は嬉しいことに僕のインスタを見て参加してくれた方もいて。



交通ルールを尊守、全員ケガも事故もなく、改めて自転車でのつながりは楽しいと感じた一日でした。


今回のアーレーキャットを企画した、気さくな主催者様に感謝をこめて。

miki




0コメント

  • 1000 / 1000