ロングスキッド | ピストでスキッド編01

ロングスキッド

その名の通り、ロングなスキッド。
長い距離を滑り続けるスキッドのことです。

ピストに乗り始めたころ、どうしてもこれをマスターしたくて、とにかく色んなサイト見たり動画観たり人に聞いたりしてました。

色々なサイトを見たところ、「ロングスキッド」は数あるスキッドのバリエーションの中で「初心者でもすぐできる!」とか、「難易度は低め!」みたいに紹介されてて、僕もすぐできるもんだと思ってました。

けど、実のところ、基本の3つのスキッドの中で1番最後にできるようになったのがこの「ロングスキッド」。

練習し始めたころ、何回か顔面から突っ込んでビビったのが原因と思われます。。笑

ロングスキッドの方法

僕と同じように顔面着地してトラウマにならないコツを書いていけば、わかり易く説明できるかもしれませんw

では、僕の失敗例を交えながら解説していきます。

コツ その1

絶対に背中を反らす

絶対にです。
サドルから腰を浮かしてフロントに荷重を寄せる時に、上半身を内側に丸めると、初めは絶対にコツがつかめません。

背筋を意識して、しっかり背中をそらしましょう。

そして、フロントホイール中心にあるハブのハブ軸にすべての重量を預けるイメージで荷重。

でないと、前方に荷重がかかりすぎて失敗します。

僕は最初にコレで肩をケガしました。

コツ その2

初めは前足の引き上げも大切

踏むだけではダメです。「引き」も使いましょう。
まずは、そこそこのスピードで加速して。

そして、前側に来てる足が地面に対して水平より少し路面側になる時、サドルから腰を浮かすとほぼ同時に、「グンっ!」っと一瞬上に引き上げ、「キッカケづくり」をしてやるとやりやすいです。


後ろ側(リア側)の脚を、逆回転方向に踏ん張るだけではスキッドはかかりづらいです。
「踏む力」は、「引き上げる力」があってこそ活きるのです。ただ踏むだけでは、クランクの回転に体が持っていかれて、これまたゲームオーバー。顔面着地のバッドエンドです。

重心をフロント荷重に移しながらしっかり「前足で引き上げ」、直後に「後ろ足で踏み込む」。
この動作が一体となって、初めて後輪の回転がロックされます。
僕は後ろ脚だけで踏ん張ろうとして回転に負け、この時肘をケガしました。

コツ その3

ビビらない

もはや精神論ですが、ビビったら出来ません。マジです。
ビビって体重をフロントに移しきれない。
ビビってペダルに力(体重)を掛けきれない。
これだと、まぁ上手くいきません。

かくいう僕も、この2つともにビビりまくって最初は全然出来ませんでした。

けど、意外と一回出来てしまえば最後。もう余裕になります。

あれだけ強力に感じていた後輪の回転も、軽くロックできるようになります。


因みにビビりの僕は、ビビりまくって最初に覚えたのがショートスキッド(スキッピング)でした。


セッティング

テクニックをつかむために、ピストのセッティングを見直すのもいいかもしれません。

―――――

・ギア比:2.7前後【フロント「50T×リア19T」、フロント「48T×リア17T」など】

・ハンドル:ストレートハンドル/ライザーバー推奨

・タイヤ:Vittoriaランドナーなど、練習に耐えるタフなもので、空気圧は指定気圧の上限まで上げる

―――――

まずギア比。これについては、重すぎるギア比は足がクランクの回転に負けるので、慣れるまでは軽めがおすすめです。


次にハンドル。なれればどんなハンドルでもスキッドできますが、初めはストレート系のハンドルがおすすめ。ハンドル幅は広めのもので、握る箇所は、「肩幅+こぶし一個分くらい」の場所を握ると、フロントに体重をかけやすいです。お試しあれ。

ドロップハンドルだとフロント荷重したとき、前に来る脚の膝がフレームチューブとハンドルの間に挟まってロックされる可能性が在るので。ご注意を。

あと、普通に乗車したときに「前傾になりすぎるハンドルポジション」だと、トリック全般が練習しづらいです。ステムごとスペーサーをいれてハンドルポジションを高くするか、ハイライズなライザーバーを使ってリラックスポジションにするとやりやすいです。

▶"ハイライザーバー"に関する過去記事


タイヤは、タイヤ幅が細ければ細いほどスキッドしやすいという説もありますが、あまり関係ないかなとも思います。タイヤ幅「25c~32c」くらいの、ガンガン練習しても大丈夫なタイヤなら何でもいいと思います。

で、空気圧は高めに。タイヤのサイドに注目すると、"MAX○○BAR-●●●PSI"とかって書いてます。ここに示された最大空気圧くらいまで空気を入れてやりましょう。

定番中の定番、「Vittoria"ランドナー"」はやっぱりいいですよ。

▶"ランドナー"に関する過去記事


それから

ブレーキレバーは間違っても引かないこと。

特に体重移動してからは絶対にNGです。

もー、100パーで顔面アスファルトです。

例えば、下り坂で思い切り立ち漕ぎしてる時、フロントブレーキをかけるとどうなるか。

これと同じ事が起きます。


ロングスキッドまとめ

そこそこのスピードで加速し

サドルから腰を浮かす

フロントに荷重&前足を軽く引き上げ、同時に後ろ脚を突っ張る&背筋をしっかり使って上体をのけ反らす

ロングスキッド!



いかがでしょうか?

文章主体過ぎて伝わり辛いかもですが。。とりあえず一度コツをつかんでしまえば絶対に体が覚える。それがスキッドです。

いろいろ試して、ダメならパーツを変えてみたり(特にタイヤとかギア比とか)すると、いきなり出来たりもします!

あとは一人で練習せずに、ピスト仲間と一緒に練習するのもお勧めb

Lets Try !!


さて次回は、"ミドルスキッド"について触れていこうかと思います!

第0回:前回のさわりの記事はこちら

第2回:ミドルスキッドはこちら

第3回:ショートスキッドはこちら



miki



0コメント

  • 1000 / 1000