毎日乗るスポーツ自転車にはピストバイクがおすすめ

ピストバイクとは

ピストバイクとは、トラック競技用の自転車を指します。

トラックバイクともいいます。


構造的な最大の特徴は

  • ブレーキ無し
  • 変速機構無し
  • 固定ギア

の3つです。ざっくりですが。


これだけ見ると、一見して乗りずらい/ややこしい自転車にしか見えませんね。

「好き好んで毎日の足にピストバイクを選ぶなんて、意味が分からない」という意見が、世間的には普通だと思います。


まあそうですよね。

そもそも競技用自転車なので、街乗りにあってるわけがないんです。

しかし最近、この乗り辛いピストバイクを毎日の足にしている人が増えています。

なぜなのか。


今回は、ピストバイクを日常の足に選ぶときの「おすすめの車体特徴」と、「おすすめの理由」を載せつつ、なぜ"今"ピストユーザーが増えているのか、考えてみます。



毎日乗るのにおすすめなピストの特徴

さきほど、【ピストバイク=競技用自転車】と紹介しました。

ただし今現在、街中の店や人々、メディアが謳う【ピストバイク】というのは、必ずしも競技用自転車のことを指していません。


  • 変速機能がない
  • ドロップハンドル
  • タイヤが細い/ホイールが大きい

単純に、こんなイメージの自転車が世間的な【ピストバイク】です。


必ずしも"固定ギア"でなく、"ブレーキ"もついている、"タイヤが細い"自転車。

フリーギアシングルスピードのホリゾンタルフレームで、700cホイールの細チャリであれば、世間的にはピストバイクを名乗れましょう。


まさしくフリーギア仕様の"フジ"の"フェザー"が、世間のイメージを反映した至高のピストです。


ただし、フリーギアだろうがブレーキがついていようが、気楽に乗れないと意味がありません。

乗りやすくデイリーに使えるピストを選ぶ際のポイントを、外見的な特徴で見てみます。


ハンドル

まずハンドルです。

ドロップハンドルはかっこいい。しかし、そんなに気楽なもんではありません。

メリットもたくさんあるけど、デメリットとしては

  • 前傾姿勢になる
  • 視野が狭くなる
  • 低速でふらつきやすい

こんな点があります。

馴れればなんてことありません。

しかし、上体がしっかり起きて視界も広くとれ、低速でも安定して走れるフラットバーの方が気楽なのは否めません。


フレーム形状

ホリゾンタルフレーム(トップチューブが地面に対して水平)、もしくは若干スローピング(トップチューブがリアに向かって下がる)したフレームがおすすめです。

パシュートフレームも見た目特徴的でかっこいいですが、シートポストが出せないと途端に微妙な雰囲気になります。。


シートチューブをしっかり出せるスローピングフレームなら、身長低めの方でもばっちり決まりますね。

シートの高さを調節して楽に乗れながらも、見た目を損なわないのも重要なポイントです。


ハンドル回りに関しては後から好きなように変更できますが、フレームはそうはいきません。

選ぶ時点で、サイズ感やジオメトリをしっかり見ておきましょう。

ちなみに、"フジ"の"フェザー"は、フレームサイズによってフレーム形状が変わります。

49サイズ以下はスローピングフレームで、52サイズからはホリゾンタルフレームです。


以下に、以前投稿していた日常づかい関連のエントリーをのせておきます。

暇つぶしにでもどうぞ。

--過去エントリー--

フジの「フェザー」 | Fuji FEATHER

GANGSTA V4(ギャングスタ) | ブルックリンマシンワークスのピスト

-------------------------



毎日乗るスポーツ自転車にピストがおすすめの理由

いくつか有りますが、特におすすめの理由としては

  • 重量が軽い
  • そこそこ速い
  • ほかのスポーツ自転車に比べて故障が少ない

この3つです。


入門モデルでも十分軽いです。

変速機や多段ギアが存在しない為、ママチャリよりはるかに軽いです。重量が軽いことはメリットです。

軽いから、必然的にスピードに乗りやすいです。

そして、多段ギア付き自転車に比べるとパーツの少なさも手伝って、故障が起きづらいです。


まあ、ママチャリほどメンテナンスフリーではありません。

故障自体はします。たまにはメンテナンスも必要です。

ピストバイクでよくある故障については、▶過去エントリー◀をご覧ください。


このように、ピストは他のスポーツ自転車と比べたときに、そこまで「シビアな乗り物ではない」といえます。

毎日の通勤の足やサイクリングにぴったりな理由です。

実際、最近ピストタイプの自転車をかなり見かけるようになりました。


街でよく見かけるピストは、がっちりレーサー仕様というよりも、街乗りを意識したフリーギアのシングルスピード仕様が多いです。

やはり、シンプルなピストモデルを、通勤など毎日の足に選ぶ人が増えています。


ロードバイクのブームが来た頃、ロードバイクを入口にしてスポーツ自転車に興味を持った人はかなり多かったと思います。

ロードバイクのブームがやや落ち着いてきた昨今。

今度は、より「普段使い」に寄り添ったスポーツ自転車を求める方向にシフトする人が増えてきたのではないでしょうか。


「スポーツ自転車が欲しいけど、何を選べばいいかわからない」

「そもそも、スポーツ自転車購入しても長く乗るか分からない」


そんな人はぜひ「ピストバイク」を検討してはどうでしょう。


miki


0コメント

  • 1000 / 1000