650cホイール(タイヤ)のススメ | トリック向けピストカスタム

650cとは

650cや700cなど、これらはホイールのサイズ規格を表します。

スポーツタイプの自転車のホイールは、一般的に「700c」というサイズ規格です。

このサイズ(700c)は、ロードバイクやクロスバイク、そしてピストバイクに共通するホイールサイズです。つまりメジャーなサイズ規格。


一方「650c」は、いまではほとんど見かけないサイズ規格。

新品での販売も一応は有りますが、入門用グレードの性能がほとんどと言われます。

実際、650c規格で高性能なホイールを作ろうと思えば"手組み"が選択肢になると思いますが、精度の高い650cリムは相当レアと思われます。


2010年前後までは「ZIPP」など有名メーカーも高性能な650cをリリースしていたようですが、2012年ごろから殆どのメーカーがリリースしなくなり、今は廃版になっています。

そんな悲しいサイズ規格。650c。


ちなみに、よく似たサイズ規格に【650A、650B】がありますが、これらは650cとは全くの別物です。互換性なし。

これについては"B4C様のブログ"が分かりやすく説明されてます



700cと比較したときのメリット/デメリット

700cの利点として

・タイヤやチューブ、リムなどのパーツ選びに困らない(700cサイズのホイール関連パーツの流通量は多い)

・見た目かっこいい!(←ホイールが大きいと、車体バランス的にかっこよく見えますよね笑)

など主観(?)も入りますが。現実的に入手性が良くて、高性能なパーツがたくさん存在します!それが700c。

比較的手に入りやすいものから、完全レース用のものまで。

選択肢がひろく、「完組みホイール」も700cなら選び放題です。


一方、今回テーマの「650c」

このサイズと、700cサイズとの互換性は全くありません。そもそもサイズが違う故、タイヤやリムの流用は不可です。

加えて、650cサイズのパーツ流通量は極めて限定的です。ニッチなアイテム。

パンクすると難儀です。650c用チューブはどこでも手に入るものではないので、チューブパッチなどパンク修理キットは必須です。


そしてサイズが700cより小さいからといって、別に軽かったり、性能がいいモノでもないです。

・・メリットは一体どこに。笑


強いて言うなら、私はそんなに変化を感じませんでしたが。ホイールサイズが小さくなることで【輪行バッグ】に入れやすくなる・・(かも)!

輪行 with 650c。



トリック系カスタムに使える650c!

パーツも少なければとびぬけた利点も特にない650cですが、手持ちのピストバイクを手軽くトリック仕様にしたいとき、選択肢の一つとしておススメします。


フロントホイールに650cを使うと、ダウンチューブとタイヤの隙間を広くとることができるので、バースピン系のトリックをすることができます!


700cでバースピン系トリックをやってみたい場合は特殊なフォークを使ったり、専用設計のフレームを入手する必要があります。ですが、ホイールサイズを小さくすればてっとり早くバースピン系に挑戦できます。

ホイールだけなら交換も簡単です。一台のピストで【トリック練習用/走り用】を簡単に切り替えられますしね。


あとは、見た目の変化も楽しめるのではないでしょうか。

"ちょっとカスタムがマンネリ化してきたーー"というとき、650cサイズを入れてみると、フロントが少し下がって「逆スローピング」のような見た目になるので、結構印象変わります。


ピストバイクの組み方はこれといってルールがないので、フロント650c化にもぜひトライしてみてはいかがでしょう!


※ただし、このカスタムをすることで、フロントホイールのブレーキ面も下がることになるので、フロントブレーキを装着する際はビーチクルーザー用などのアーム長めのモノや、後付けブレーキ台座などを使うことになります。

フォークに直付けするタイプのフロントブレーキ&台座。
※フォークの形状によって取り付け用パーツが異なるので、事前にフォーク形状をしっかり確認しましょう。



さいごに"650c"のホイール関連パーツなどをご紹介。

タイヤは安定のパナレーサー


レアな650cリム。手組み用に。


パンク時のチューブ交換に。サイズ表記は要チェックです



miki

0コメント

  • 1000 / 1000